メンさんの一筆!

雑記帳であり、備忘録。実況関連や日常まで。

大墨家メン

メンダヨー。

 

今日は唐突な自分語りをしますね。(いつも)

 

実は私メンは小学生の時に3年ほど

道教室に通っていました。

 

だからどうした?ってなると思いますが、

ちょっと落ち着いてください( ◠‿◠ )

 

これがね割と奥が深いんですよ?

柔道や剣道で段位が定められていますよね〜

あれと同じで書道にも段位があります!

 

 

現在、段位はもってはないんですが

道教室に通っていた時は似たような

仕組みは一応ありました(たぶん)

 

その仕組みはというと

年度始めに硬筆と毛筆を10級から開始。

そして月に一度それぞれの作品を提出!

 

次月に発行される作品集の本誌で

階級アップを確認するってシステムでした、

大抵の人は1階級、優秀な人は2階級

稀に上がらない人とかもいた気がします。

 

 

小学5年のメンくんの階級は

硬筆 4月 10級 → 3月 6段 (16階級アップ)

毛筆 4月 10級 → 3月 5段 (15階級アップ)

といったこのぶっ壊れ具合です。

 

人間、テストで点数をつけられると

競争心をやはり掻き立てられるもので

書道も同様でした。

 

 

書道は、字を綺麗を書くってのは勿論のこと

集中力を養ったりも出来るのでお勧めです。

割とその人を色濃く反映する習い事なので

面白いじゃないのかな〜と思います。

 

 

最近は、スピード重視で殴り書きメインなので

だいぶ汚くなりました。

暇ならまたやってみようかね。

 

 

おわり。